業界によって、面接でアピールすると効果的なポイントはそれぞれ異なります。これは仕事内容の特徴や業務のやり方に起因することが多く、それを知っておくとより面接での評価にポジティブな回答ができるようになるのです。
IT業界と一括りにしても、大企業とベンチャー企業ではその特性に差が出ます。大企業の場合、これまでのキャリア経験をそのまま面接でアピールし、忠実な業務実績が評価されるようにアピールするといいでしょう。中途採用のエンジニア募集は頻繁に実施されることが多く、技術力はそのままキャリアの評価に繋がりやすい特徴があります。
一方、ベンチャー企業の場合にポイントになるのは、企画力と体力面です。技術力や企画力は大企業と同じですが、より個性的で自発的に動ける人材を求めている場合が多い傾向にあります。したがって、指示待ちで動くのではなく、自ら新しい企画を立案し、企業の発展に貢献できる能力をアピールすることがポイントです。
もちろん、大企業と同じように技術力のアピールも必要でしょう。さらに繁盛期やシステムの修正が立て込む時期になると、残業や休日出勤をする回数も多くなります。その際に、体力があることは企業にとって大きなプラス要素になるのです。そのため、面接では体力に関するこれまでの実例などをアピールして、面接官を安心させることもポイントとなります。このように、IT業界の転職で効果的な面接のアピールポイントについて対策を取っておきましょう。