IT系のエンジニアの中には、技術的に見れば優秀であってもプレゼンテーション能力にはあまり長けていない人もいます。しかし、エンジニアとしての能力やキャリアを正確に分析して、わかりやすく魅力的な形で伝えられる能力を備えている人も多くなってきました。
未だに両者を兼ね備えている人は少ないものの、プレゼンテーション能力があって仕事の面接に対して自信があるという人はフリーランスを目指す傾向があります。ただ技術力を活かすために働くだけではなく、他のエンジニアにはないプレゼンテーション能力による仕事の獲得も目指しているのです。フリーランスのエンジニア人口が増えてきており、その活躍を求める企業も多くなってきているため仕事は無数にあります。正確に能力やキャリアを伝えられるエンジニアは興味のある仕事を獲得しやすく、フリーランスをすることに適したスキルを持っているのです。
基本的には求人サイトを利用して仕事を見つけ、面接を受けることにより依頼を獲得することになります。その面接に確かな自信があると、フリーランスのエンジニアになっても仕事に困ることはないと考えられるのです。十分な能力があるという自負がないと踏み出すのが難しいのがフリーランスという働き方ですが、エンジニアとしての技術力だけでなくプレゼンテーション能力もある自覚ができると思い切って独立しやすくなるでしょう。若手を中心として、そのようなエンジニアが増えてきているのが現状です。