IT系のエンジニアは、仕事でもプライベートでもIT化の進んでいる現代では需要があり、将来的にも仕事に困らない可能性がある職種の1つです。習得しているプログラミング言語にもよりますが、需要の高いものであれば面接に自信のない方でも採用される可能性があるため、需要の高い言語を習得してから挑むといいでしょう。
都会であれば求人も豊富にあるかもしれませんが、よりよい職場環境を手に入れるためにも慎重に選ぶ必要ことが大切です。全ての例に当てはまるわけではありませんが、下請け企業のさらに下請けになると無茶な仕事のスケジュールで作業をしなければならないような場合もあり、エンジニアに対する負担は大きなものになるでしょう。そのような職場環境で仕事をすると、休日が正当にもらえなかったり時間外勤務を強いられたりする危険性があります。
面接時に企業の雰囲気を観察して、危ないようなら採用されても就職しない方が無難です。地方では職場を選べる程の求人がないこともあるため妥協して就職を検討するかもしれませんが、働き続けていくうちに心身の負担が大きくなるとその後の人生に影響を及ぼします。そうならないためにも別の方法を検討してみるとよく、その1つにフリーランスとしての働き方が挙げられるでしょう。IT系のエンジニアは雇用されない働き方を選ぶことができますので、無理に就職するだけが道ではありません。将来性がある職種だからこそ、長く働ける環境を整えましょう。