IT系のエンジニアの面接を突破できないとの意見が、若い人から多く寄せられているのが現状として多いようです。面接では、その企業で現役のエンジニアが面接を担当することも少なくありません。また、人数の少ない小さな企業では一次面接から役員や社長といった人が面接をすることもあります。
まず一時面接や二次面接で質問されることは、オーソドックスな学生時代の経験や業務の理解についてです。面接官はその際に返事や表情を見て、企業研究や自己分析を行っているのかをチェックしています。この人と一緒に働いてみたいと思わせることができれば一次、二次面接は突破できるでしょう。
最終面接で聞かれることは、価値観や熱意などの意思決定です。それに加えて、他の人とは違うポイントを1つアピールするといいでしょう。これがスタンダードな回答よりも、面接官が興味を示す項目となります。この点を考えて面接官へ正確に伝えることができれば、高評価を得られるでしょう。
しかし、プログラミングに興味があることを伝えるのでなく、目的を立てて実行に移し、新しいシステムを作ろうとしたなど実際に行動したことをアピールする方がいいです。その際には、必ずしも成功体験である必要はありません。アピールポイントを増やすために、自分の興味のある分野で何か実行することをオススメします。時間をかければ誰でもできることですし、アピールの量や内容も優れたものを作ることができ、自信もつきます。